忍者ブログ
        世界中の鉄道の、地味~なところを中心に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






2016年(平成28年)7月に開業した仁川地下鉄2号線。

2両編成の2000系電車が自動無人運転を行っている。

運転台はカバーで覆われ前面展望もばっちり。

しかし全列車に添乗員が乗っているので、乗客が進行左側に立つことはできません。

何のための自動運転? 経費節減できるのかと余計な心配をしてしまう。





仁川空港とソウルを結ぶ空港鉄道黔岩駅から見えていた2号線の高架線。

空港鉄道と京仁運河を大きく跨ぐ高架線を見て「いつ乗れるのか」と思っていた。

今年にってようやく乗ることができ、こんなに高い所を走るのかと感心。





篤亭駅から西区庁駅まで先頭から撮影。

先頭からだと黔岩駅付近の高さがあまりよくわからないですね。

さらに進んで黔バウィ駅からアシアード競技場駅への下り勾配がすごかった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
[483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [HOME]
広告
プロフィール
名前: neκοmαsκ
職業: まだ解雇されていません
趣味: ほっつき歩くこと
カウンター
ブログパーツ
Visited Countries Map
Create your own visited countries map or check out the JavaScript Charts.
最新コメント
[04/14 きょうたろう]
[05/29 Apahapiz]
[05/20 Atetapai]
[05/18 Aporugim]
[05/10 Azahotsur]
ブログ内検索
広告












忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright どっか行きたいな。BLOG. All Rights Reserved.