忍者ブログ
        世界中の鉄道の、地味~なところを中心に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2016年(平成28年)9月に板橋~驪州間が開業した首都圏電鉄京江線。

乗りつぶすために乗ってきました。





新盆唐線で始発駅の板橋駅へ。

地下にある京江線のホームに降りると、列車が出たばかりで次は約20分後。

時間をつぶそうとコンコースに上がったけど、改札内に売店はおろかトイレもない。





板橋から2つ目の三洞から地上へ。

南北に走る尾根筋をいくつかのトンネルで横切り、路線の後半は何もない田舎を走る。

将来は日本海側まで繋がるとはいえ、よくこんな所に鉄道を通したなぁ。





電車は京江線用に用意された371000系4両編成。

各駅にはフルスクリーンのホームドアが設置されているため、駅撮りは困難。

御覧の通り光が反射して思うように撮れません。





驪州駅に停車中、外は極寒のため開いている扉は1両に1か所。

発車直前に全開扉する。


床のピンク色のシールは妊婦優先席の印。

こういうところは日本より進んでいると感じる。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
[483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [HOME]
広告
プロフィール
名前: neκοmαsκ
職業: まだ解雇されていません
趣味: ほっつき歩くこと
カウンター
ブログパーツ
Visited Countries Map
Create your own visited countries map or check out the JavaScript Charts.
最新コメント
[04/14 きょうたろう]
[05/29 Apahapiz]
[05/20 Atetapai]
[05/18 Aporugim]
[05/10 Azahotsur]
ブログ内検索
広告












忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright どっか行きたいな。BLOG. All Rights Reserved.