忍者ブログ
        世界中の鉄道の、地味~なところを中心に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




普通列車に連結されていた一見普通の3等座席車。

最近、塗色更新車が増えてきたなーと思う程度。

で、乗車してみてビックリ!





車内も更新されている!

座席はバンコクの新型エアコンバスに使われていそうなスッキリしたもの。

そしてその配置は近郊輸送を意識したかのようなセミクロスシート。



・・・こんなの、タイ国鉄らしくない

拍手[1回]

PR



1997年にJR西日本からタイ国鉄へと海を渡ってきたキハ58系急行形気動車。

数年使われただけで客車代用になり、そしてすぐ全車運用を離れてしまった。

タイに来て15年、今も多くの車両が解体されずに残されている。





2012年現在、バンプルタールアン駅構内に約20両のキハ58系が留置されたまま。

この地では客車化改造が行われるはずだった。

しかし途中で改造工事は中断され、改修場ともども放置されている。





中には無残な姿を晒すキハ58も。

運転台を撤去し、その後ろにあったドアを車端部に移すために穴が開けられた。

そして移設される前に工事が中断・・・。






まだ運転台の外観が変わっていない車両もある。

でも中身の機器類はほとんど撤去され、かなり寂しい状態。





車内の座席やテーブルなどは全て撤去済み。

天井の分散式クーラーは中身が取り外され、カバーだけがぶら下がっている。

天井や壁の一部まで剥がされてしまった。





和式便器が残されたままの車両があった。

ここにあるほとんどの車両がトイレ・洗面所ともに撤去済み。

タイ式のトイレでも設置し直すつもりだったのかもしれない。





窓や前照灯、尾灯、方向幕、タイフォンなどが埋められ、のっぺらぼうになったキハ58。

乗務員室扉があった場所には低床ホームに対応したドアが設置されている。

そしてこの状態で塗装すると・・・、





完成したキハ58系客車。

改造する前、運転台後ろのドアは台車が邪魔でステップの追加ができなかった。

そのため運転台が無い側のドアしか使用できず、使い勝手が良くなかったらしい。

でもこれで片側2箇所のドアが両方とも使えるようになったのに・・・。





JR西日本時代の番号が表示されたキハ58-5501。

ロングシート化されて播但線・姫新線で使われ、廃車後にタイへやってきた。

あとは再デビューするのを待つだけだったのに・・・。




拍手[7回]




バンコク中心部のパヤタイ駅とスワンナプーム国際空港を結ぶ空港連絡鉄道。

最近になって各駅停車の車両に、スカイトレインと同じような広告車両が登場した。

その中で度肝を抜かれたのが、寿司の広告電車!

・・・じゃなくて、ANAの広告電車。

車体いっぱいに寿司の写真が貼られていた。

このセンス、脱帽です。




拍手[0回]




以前も紹介した元JR西日本12系客車の更新車。

タイでイベント用や食堂車に改造された車両が登場していた。

そして今回の12系客車は、エアコン無し3等からエアコン付き2等への格上げ車。





塗色は24系寝台車と似た紫系に、銀色の部分が目立つ。

そして片側の折り戸が埋められ、代わりにデッキ無しの両開きドアが新設された。

車椅子マークが付いているけど、このままではタイの低床ホームで乗り降りできない。

可動式のステップでも出てくるのだろうか。





新設された両開きドアと既設の折り戸の両方に開閉ボタンが付いた。

今まで手動扱いになっていた12系のドアが、久しぶりに自動に復帰!

タイ国鉄の客車で自動ドアが稼動するのは、1等寝台車に次いで2例目?





こんなに改造されたのに、「新潟鉄工所」の銘板はしっかり残っています。

拍手[2回]




バンコクからシンガポールまで、マレー半島を縦断する唯一の直通列車イースタン&オリエンタル・エクスプレス。

途中で観光しながらの行程となるため、シンガポールまで3泊4日かかる。

さらに列車の運行は不定期で、ときには2ヶ月も間が開くことも。

今まで何度か訪タイしていたけど、今回やっとイースタン&オリエンタル・エクスプレスを見ることができた。





客車はニュージーランド国鉄の日本製ディーゼルカーを改造したものとのこと。

最後尾は展望車で、横には記念撮影用に専用カーペットが敷かれている。

もちろん一般客がこのカーペットを踏むことはできません。





外から展望車の中を撮影。

実は発車1時間前ならカーペットが敷かれていないので、展望車の後ろに近付くことができる。

ちなみにこの車内に乗るためには、一番安い部屋で¥232,000!!





2011年6月30日をもってシンガポール駅が廃止され、シンガポール島に入ってすぐのウッドランズ・チェックポイントが終点に。

上の動画は区間が短縮されて初めての列車が出発するシーン。

拍手[3回]




新塗装化は客車や気動車だけでなく、ディーゼル機関車にも及んでいた。

今まで塗装変更したことがなかったであろうディーゼル機関車の装いが新たに!

フランス製ディーゼル機関車ALS形は、ちょっとケバい色になってしまったなぁ。





前面が黄色一色だったアメリカ製ディーゼル機関車GEA形も、カラフルに変身!

以前は地味な機関車だったのに・・・。





日本製ディーゼル機関車HID形の前面は逆に黄色一色と、地味な塗色に変身。

替わりに側面が少々カラフルになっております。



最後に新塗装のALS形ディーゼル機関車が牽引する普通列車の動画をご覧ください。

客車も1両だけ新色です。




拍手[0回]




タイ国鉄の気動車にも新色が登場していた。

上の写真は韓国製の優等用気動車であるAPN20系。

今までの前面黄色に青帯といういでたちから、水色系に変わっていた。

1両ずつ塗色変更しているようで、新色だけで揃っている編成を見ることは無かった。





上の動画は日本製気動車のTHN系。

3両編成のうち、両端が新色で中間が旧色。

旧色はシンプルで日本らしい塗色だったのに、新色は一気にハデに変身!

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [HOME]
広告
プロフィール
名前: neκοmαsκ
職業: まだ解雇されていません
趣味: ほっつき歩くこと
カウンター
ブログパーツ
Visited Countries Map
Create your own visited countries map or check out the JavaScript Charts.
最新コメント
[04/14 きょうたろう]
[05/29 Apahapiz]
[05/20 Atetapai]
[05/18 Aporugim]
[05/10 Azahotsur]
ブログ内検索
広告












忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright どっか行きたいな。BLOG. All Rights Reserved.