忍者ブログ
        世界中の鉄道の、地味~なところを中心に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P1190087.JPG














地下鉄3号線リセウLiceu駅に到着した3000R系電車。

前面が真っ白だった3000系の更新車だ。

車内は更新のときにロングシートに改造され、運行番号の表示位置も変わっている。

ちなみにこの3号線はバルセロナで一番古い地下鉄。



《走行中の車内の動画》

拍手[0回]

PR
今回からはバルセロナ地下鉄Transportes Metropolitanos de Barcelona(TMB)の車両を。


P1190045.JPG














写真は1号線エスパーニャEspanya駅に到着する4000系電車。

車内はプラスチック製のボックスシートが並び、ドアは乗客がレバーを操作して開ける。

前面が赤くなった更新車もあり、更新車の車内はロングシートに改造された。

この形の車両は他の路線でも走っているけど、4000系は1号線専用。

その理由は、他の地下鉄路線が軌間1435mmなのに対し、1号線は軌間1668mm(国鉄と同じ)。

違う鉄道会社が開業させたために、軌間が違ってしまったらしい。

ちなみに4000系を更新し、前面が赤くなった4000R系という電車も走っている。


P1180907.JPG













拍手[0回]

バルセロナ郊外のモニストロル・デ・モンセラットMonistrol de Montserrat駅から出るモンセラット登山鉄道Cremallera de Montserratを紹介します。

このモンセラット登山鉄道もカタルーニャ公営鉄道の路線。

モニストル・デ・モンセラット駅で線路が繋がっており、車庫も共有しているそうだ。

路線は唯一の中間駅であるモニストロル・ヴィラMonistrol-Vila駅までの1.1kmが粘着式。

そこから終点モンセラットMontserrat駅までの4.1kmがアプト式で、最急勾配156‰を登る。

1892年(明治25年)に開通したが、ロープウェイ開通による赤字等で1957年(昭和32年)に廃止。

その後、ロープウェイだけでは観光客を運びきれなくなり、2003年(平成15年)に復活している。


DSC_0650.JPG





 

 

 


車両は機器室だけの短い中間車を挟んだ3両連接車が5編成(AM1~AM5)走っている。

路線の復活時に投入された車両で、最高速度は粘着式区間が45km/h、アプト式区間が30km/h。

多客時には2編成を連結して運転することも。



せっかくなのでアプト式の線路もどうぞ。


DSC_0644.JPG













2本のレールの間に敷設されているギザギザのレールがラックレール。

このラックレールに、車両側の歯車を噛み合わせて登るの方式の1つがアプト式だ。

それと、ここの枕木の形も特徴的で、「Y」字の形に設置されている。

 

拍手[0回]

P1190204.JPG














続いてFGCのLinea Llobregat-Anoiaを走る213系電車。

1999年(平成11年)から2006年(平成17年)まで3両編成33本が製造された。

Linea Barcelona-Vallesの112系電車と同じ前面をしているけど、別物の車両。

まず大きな違いは軌間。

Linea Barcelona-Vallesは標準軌1435mmに対し、Linea Llobregat-Anoiaは狭軌1000mm。

213系は比較的長い距離を走るのでトイレが付き、低いホームに対応して扉にステップが付く。

また、中間車は中央扉の部分が低床になっていて、車椅子の乗降に対応している。

車体長も112系と比べて短い。



Linea Llobregat-Anoiaには213系の他に、111系と同じ前面の211系(3両編成7本・2両編成3本)がある。

実際にその姿を見ることがなかったけど。

拍手[0回]

P1190052.JPG














同じくFGCのLinea Barcelona-Vallesを走る112系電車。

1995年(平成7年)から製造が開始され、主に長い距離を走る列車で運用されるそうだ。

現在在籍しているのは4両編成22本。

2003年(平成15年)で増備が止まっているようだけど、111系電車を置き換えるのはこの車両?

それとも別に新形式が誕生する?

拍手[0回]

次はカタルーニャ公営鉄道Ferrocarrils de la Generalitat de Catalunya(FGC)の電車を。

この鉄道のメインは、カタルーニャ広場駅から出るLinea Barcelona-Vallesという路線と、エスパーニャ広場駅から出るLinea Llobregat-Anoiaという路線。

その他にいくつかのケーブルカーや登山鉄道の路線も持つ。

最初はLinea Barcelona-Vallesの電車から。


P1190058.JPG














この車両はエスパーニャ広場駅に停車中の111系電車。

Linea Llobregat-Anoiaの方にもある同型車は残りわずか。

111系電車は短い距離を走る列車の運用が中心で、3両編成20本が残る。

こちらの路線も新型車両に置き換えられるかもしれないので、乗車するなら今のうち?

拍手[0回]

スペイン国鉄の電車を続けて。

P1190175.JPG














この電車はCiviaと呼ばれるシリーズ。

バルセロナの通勤鉄道セルカニアスでの最新車両。

先頭が流線型で、まるで優等列車のようだ。

2004年(平成16年)から製造を開始し、現在も増備が続けられている。

2両編成から5両編成まであり、形式がそれぞれに付く。

その番号が単純で、2両編成は462系、3両編成は463系、4両編成は464系、5両編成は465系。

下一桁が編成の両数を表すというわけ。

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [HOME]
広告
プロフィール
名前: neκοmαsκ
職業: まだ解雇されていません
趣味: ほっつき歩くこと
カウンター
ブログパーツ
Visited Countries Map
Create your own visited countries map or check out the JavaScript Charts.
最新コメント
[04/14 きょうたろう]
[05/29 Apahapiz]
[05/20 Atetapai]
[05/18 Aporugim]
[05/10 Azahotsur]
ブログ内検索
広告












忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright どっか行きたいな。BLOG. All Rights Reserved.