忍者ブログ
        世界中の鉄道の、地味~なところを中心に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




1997年にJR西日本からタイ国鉄へと海を渡ってきたキハ58系急行形気動車。

数年使われただけで客車代用になり、そしてすぐ全車運用を離れてしまった。

タイに来て15年、今も多くの車両が解体されずに残されている。





2012年現在、バンプルタールアン駅構内に約20両のキハ58系が留置されたまま。

この地では客車化改造が行われるはずだった。

しかし途中で改造工事は中断され、改修場ともども放置されている。





中には無残な姿を晒すキハ58も。

運転台を撤去し、その後ろにあったドアを車端部に移すために穴が開けられた。

そして移設される前に工事が中断・・・。






まだ運転台の外観が変わっていない車両もある。

でも中身の機器類はほとんど撤去され、かなり寂しい状態。





車内の座席やテーブルなどは全て撤去済み。

天井の分散式クーラーは中身が取り外され、カバーだけがぶら下がっている。

天井や壁の一部まで剥がされてしまった。





和式便器が残されたままの車両があった。

ここにあるほとんどの車両がトイレ・洗面所ともに撤去済み。

タイ式のトイレでも設置し直すつもりだったのかもしれない。





窓や前照灯、尾灯、方向幕、タイフォンなどが埋められ、のっぺらぼうになったキハ58。

乗務員室扉があった場所には低床ホームに対応したドアが設置されている。

そしてこの状態で塗装すると・・・、





完成したキハ58系客車。

改造する前、運転台後ろのドアは台車が邪魔でステップの追加ができなかった。

そのため運転台が無い側のドアしか使用できず、使い勝手が良くなかったらしい。

でもこれで片側2箇所のドアが両方とも使えるようになったのに・・・。





JR西日本時代の番号が表示されたキハ58-5501。

ロングシート化されて播但線・姫新線で使われ、廃車後にタイへやってきた。

あとは再デビューするのを待つだけだったのに・・・。




拍手[7回]

PR



バンコク中心部のパヤタイ駅とスワンナプーム国際空港を結ぶ空港連絡鉄道。

最近になって各駅停車の車両に、スカイトレインと同じような広告車両が登場した。

その中で度肝を抜かれたのが、寿司の広告電車!

・・・じゃなくて、ANAの広告電車。

車体いっぱいに寿司の写真が貼られていた。

このセンス、脱帽です。




拍手[0回]




以前も紹介した元JR西日本12系客車の更新車。

タイでイベント用や食堂車に改造された車両が登場していた。

そして今回の12系客車は、エアコン無し3等からエアコン付き2等への格上げ車。





塗色は24系寝台車と似た紫系に、銀色の部分が目立つ。

そして片側の折り戸が埋められ、代わりにデッキ無しの両開きドアが新設された。

車椅子マークが付いているけど、このままではタイの低床ホームで乗り降りできない。

可動式のステップでも出てくるのだろうか。





新設された両開きドアと既設の折り戸の両方に開閉ボタンが付いた。

今まで手動扱いになっていた12系のドアが、久しぶりに自動に復帰!

タイ国鉄の客車で自動ドアが稼動するのは、1等寝台車に次いで2例目?





こんなに改造されたのに、「新潟鉄工所」の銘板はしっかり残っています。

拍手[2回]




香港と中国本土を結んでいる列車を「城際直通車」という。

一応中国国内の列車だけど、乗車するにはパスポートが必要で、扱いは国際列車に順ずる。

そしてその中でも、香港・紅磡(ホンハム)駅から広州東駅へは多くの列車が運転されている。

上の写真は香港鐵路が所有する「Ktt 九廣通」で、1998年(平成10年)から運行が開始された。

近畿車輛製客車の両端にスイス製Lok2000型電気機関車を連結したプッシュプル編成だ。





上の動画は、同じく紅磡~広州東の直通車で運用される中国側所有の列車。

韶山8型電気機関車が25Z型客車を牽引している。

数年前に乗ったときは「中国らしさ」を感じられた列車だったけど、今は改善されのだろうか?





同じく韶山8型電気機関車が牽引するこの列車は、広州をはるか越えて北京まで行く。

客車は最新型の25T型。

「高包」と呼ばれる、中国では最高級の寝台車を中心に組成された編成だ。

1日おきに北京行きと上海行きが運転されている。

拍手[2回]




今年度中には開始されるという東急東横線と地下鉄副都心線の相互直通運転。

今まで何度か終電後に行われていたメトロ車の試運転が、ついに日中でも行われるようになった。

直通が始まる具体的な日にちの公式発表はまだないけど、もうすぐ始まるという実感が出てきた。





ただ正直な感想として、「東横線に古い電車が来ちゃったなぁ。」

一番古い東急9000系でも1986年(昭和61年)製造開始。

東京メトロ7000系は1974年(昭和49年)製造開始・・・。

拍手[2回]




1888年(明治21年)に開業し、100年以上の歴史があるケーブルカー「ピークトラム」。

麓の花園道駅から夜景で有名なヴィクトリア・ピークの山頂駅まで、1.4kmを結んでいる。

現在の車両は1989年(平成元年)に導入されたもので、従来の単行から2両編成になり、輸送力が増えた。

でも、夕方にピークトラムに乗ろうとすれば、観光客でご覧のような大混雑。

ホームも狭く、改札規制も行われているので、時に行列は駅の外まで伸びることも。





花園道駅から山頂駅までの所要時間は、途中駅を全て通過すればおよそ5分。

途中には堅尼地道駅、麦當労道駅、梅道駅、白加道駅の4駅があり、乗降客が無ければ通過する。

そして堅尼地道駅を過ぎたところには車庫があり、先代の車両が保存されていた。





山頂駅を降りて外に出ると、駅前にも先代の車両がある。

1959年(昭和34年)にイギリスで製造され、最初は赤い車体だったそうだ。

しばらくして現在の緑色になり、引退後は観光案内所になっている。



しかし今日は霧が濃くて車両もぼやけて見えるような状態。

当然ながら100万ドルの夜景は全く見ることができませんでした。

拍手[0回]




2012年4月1日(日)に、川崎市の金山神社で行われた「かなまら祭」。

大きな男根の神輿が町を練り歩くということで、外国人観光客も多く訪れる。

このお祭についてはたくさんのブログで紹介されているので、ここでは人物を中心に紹介します。





ピンク色の被り物をした女性を発見!

ご丁寧にも大きなボールを2つぶら下げていらっしゃる。

さらによく見れば、頭頂部には小さな穴!

何かが出てくるのを期待しましょう(・∀・)





かなまら祭で忘れちゃいけないのが、女装クラブの皆様。

今回も猫耳を付けたお姉さまが交通整理を行っていらっしゃいました。

だけどものすごい人出が原因なのか、ちょっとお疲れ気味。





神社の境内にいらっしゃったのが、↑こちらのお姉さま。

セクシーダイナイマイトなお体をスケスケな衣装で包んでいらっしゃった。

アニメ顔のかわいらしい表情と裏腹に、そのお口は物欲しそう。





大人気だったのがバットマン!

鍛え上げられたボディーを惜しげもなくさらし、記念撮影に応じていた。

その真ん中にはそそり立つペニスケース。

みんなの視線を釘付けにしておりました。





バットマンなんかに負けていられないよなぁ。

日本男児だって立派なモノを持っているんだぜ!

拍手[1回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [HOME]
広告
プロフィール
名前: neκοmαsκ
職業: まだ解雇されていません
趣味: ほっつき歩くこと
カウンター
ブログパーツ
Visited Countries Map
Create your own visited countries map or check out the JavaScript Charts.
最新コメント
[04/14 きょうたろう]
[05/29 Apahapiz]
[05/20 Atetapai]
[05/18 Aporugim]
[05/10 Azahotsur]
ブログ内検索
広告












忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright どっか行きたいな。BLOG. All Rights Reserved.